ペットショップで必須なドッグトレーニングの基礎知識

ペットショップで雇われるために

有利な資格が幾つかありますので、可能であるならば、ペットショップで働く前に資格を取得すると良いでしょう。

 

ドッグトレーニングについて基礎知識を身に付けることはとても大切

お客様から犬のしつけや、ドッグトレーニングについての質問をされることが多いようです。

 

マナー面に関する知識

ペットホテルやトリミング、ドッグランでのしつけ方法、過ごし方と言ったマナー面に関する知識もあるならば、お客様に質問されても安心です。

 

 

 

ペットショップのスタッフは、犬などの動物の飼育管理や販売、トリミング、ペットホテルで預かっている動物のお世話や、散歩などの仕事をします。そして、ペットショップでは犬のフードや、ペットグッズなどの商品陳列、発注作業、店内清掃やレジ打ちといった作業があります。ですから、ペットショップは基本的に動物が好きであれば、資格がなくてもアルバイトとして働くことは可能です。

 

しかし、動物関係の資格がある人が優遇されることが多いようです。動物関連の専門学校で学んでいたり、動物関連の通信教育で学んで資格を持っている人が有利なのです。動物の取り扱いに関する飼育管理基礎知識を認定する「愛玩動物飼養管理士」や「トリマー」、「ドッグトレーナー」に関する資格を取得する人もいます。

 

ペットショップで雇われるために、有利な資格が幾つかありますので、可能であるならば、ペットショップで働く前に資格を取得すると良いでしょう。ペットショップでは、お客様から犬のしつけや、ドッグトレーニングについての質問をされることが多いようです。ですから、ドッグトレーニングについて基礎知識を身に付けることはとても大切です。

 

例えば、アイコンタクト・ハンドサイン・おすわり・待て・伏せ・おいで・甘噛み・来客やチャイムの対応・トイレ・散歩などのトレーニングに関する知識を身に付けた方が良いでしょう。アイコンタクトの場合、おやつでトレーニングして、次は名前を呼んで合図といったトレーニングの訓練手順を身に付けていたり、犬の家庭環境に適した飼育方法や、必要な道具の紹介ができれば、お店の信頼感も良くなります。

 

また、ペットホテルやトリミング、ドッグランでのしつけ方法、過ごし方と言ったマナー面に関する知識もあるならば、お客様に質問されても安心です。

 

このように、ドッグトレーニングの基礎知識を持っているならば、ペットショップの信頼感もアップして、上司にも信頼されることでしょう。

 

犬のお世話がしやすくなるスキル

「ドッグシッター」

犬の身体の仕組みを学んで、病気に関しての知識を勉強していきます。トイレトレーニング等、ドッグトレーナーのトレーニング術も学んだり、しつけの仕方も学びます。

 

「ドッグトレーニングアドバイザー」の認定試験

人と犬が良い環境を築くために必要なことをアドバイスする。

 

「犬のしつけインストラクター」の認定試験

資格を取得した後は、犬のしつけインストラクターとして活躍できます。

 

 

犬のお世話がしやすくなるスキルにはどのようなものがあるのでしょうか?まず、「ドッグシッター」があります。

 

犬の身体の仕組みを学んで、病気に関しての知識を勉強していきます。トイレトレーニング等、ドッグトレーナーのトレーニング術も学んだり、しつけの仕方も学びます。

 

犬のアロマについて学び、アロマの他にもマッサージや、爪切り、歯磨き、グルーミングについて学びます。犬も人間と同じように疲れを感じたり、ストレスを感じることがあるため、癒すためにアロマの種類などを勉強していくのです。

 

他にも、「ドッグトレーニングアドバイザー」の認定試験があります。ペットとして飼われている犬のしつけの基本を理解し、アイコンタクトを通じてトレーニングができて、確実に訓練の手順を身に付けている人に与えられるものです。資格を取得するためには、ドッグトレーニングアドバイザーの認定試験に合格する必要があります。

 

飼い主は、犬を甘やかしてしまうことがありますが、飼い主がリーダーにならなければ、人と犬が幸せな生活ができないので、ドッグトレーニングアドバイザーは、人と犬が良い環境を築くために必要なことをアドバイスする役割があるのです。

 

また、「犬のしつけインストラクター」の認定試験があります。犬のしつけインストラクターとして犬種によるしつけの違いや、首輪・ハーネス・知育玩具等の道具を用いたしつけの方法、犬の性格別によるしつけの方法、食糞・知育玩具など道具を用いたしつけの方法、食糞・飛びつき癖・咥えたものを離れさせる・立ち入り禁止エリアの教え方・掃除機等の音を出すものへの無駄吠えの対策といった知識を有していることが証明されるのです。

 

また、多頭飼いでの飼育方法や成犬・老犬の管理という実践的なスキルも証明されます。

 

資格を取得した後は、犬のしつけインストラクターとして活躍できます。これらの資格を取得するならば、確実に犬の世話がしやすくなるに違いありません。

 

子犬のトイレのしつけもできるドッグトレーニング

初めて子犬を飼う場合、一番心配なのはトイレのことかもしれません。

 

子犬が家のあらゆる所で用をたすようなことになれば、大変です。そのためにも、決まった場所でトイレをするようにしつけます。しつけの方法は、様々です。

 

犬はかつて横型の巣穴で生活し、巣穴の中では排泄をせず、排泄は巣穴から遠くでする修正があります。巣穴の中で排泄をすると、匂いで敵に居場所が分かってしまう可能性があったり、巣穴の中が汚れると病気が発生する恐れがあるからです。そして、子犬の排泄は母犬が舐めてキレイにしていたのです。

 

この習性を利用してトイレをしつけるならば上手にできます。まず、子犬が来たならばサークル内に入れます。サークル内は全面トイレシーツを入れておきます。おしっこをしたら、褒めてあげてシーツを取り替えます。その後、半分のスペースにトイレシーツを置きます。子犬が排泄したらその都度、シーツを取り替えましょう。

 

汚れたままに放置すると排泄する場所がなくなり、子犬が分からなくなるからです。食事もサークル内でするようにします。犬は食事の後、すぐにトイレに行く可能性が高いからです。

 

室内で子犬を遊ばせる時は、排泄を見届けてからにしましょう。犬の排泄のタイミングは、寝て起きた時・食事の後・遊んだ後が多いです。タイミングを見逃さず、サークル内のトイレシーツにさせるように気を付けます。

 

このことを1ヶ月位続けてから柵を外します。策を外して室内で放し飼いにしたとしても、トイレは決められた場所でするようになるのです。しかし、万が一別の場所でトイレをしてしまった場合、決して怒らずに無言で片づけをしましょう。

 

もし、そこで怒ってしまうと排泄そのものを怒られたと子犬が勘違いしてしまうからです。そうすると、飼い主が見えない所で排泄をしてしまう恐れがあります。トイレの場所を教えてあげるようにしましょう。また、匂いが残っているとまたそこでしてしまうことがあるので、しっかり消臭します。

 

このような子犬のトイレのしつけも学べるドッグトレーニングの方法を学べる通信講座があります。「ドッグトレーニングアドバイザー」や、「犬のしつけインストラクター」の資格を取得できる講座です。学びながら実践できるのでおススメです。

 

なぜドッグトレーニング資格が必要なの?

近年、ペットブームになり、可愛い犬がペットショップなどで手軽に自宅で飼うことができるようになりました。

 

犬を飼うことによって、家族が癒されたり、心が和むことがあるのです。犬はペットの中でも人気が高いのです。その理由の一つは、犬は人間に非常によくなつく性格にあります。

 

犬と人間の共同生活の歴史は古く、旧石器時代の遺跡からも人間の居住空間に犬がいた形跡が発見されています。また、犬は狩りをする時に連れていく動物で、欧州地方で現在でも、犬を狩猟に連れていく風習が残っているのです。しかし、家族の一員となった犬のしつけに苦労する飼い主が現在、とても多いです。

 

犬はとても賢い動物なのですが、聞き分けの良いペットになるか、飼い主を困惑させるトラブルメーカーになるかは、しつけに全てがかかっています。しつけをすることによって犬は、人間の指示に的確に従うようになります。実際に、目の不自由な人の生活をサポートしてくれる盲導犬の存在があります。

 

犬は訓練することによって、待て・伏せ・お座りといった簡単な指示を覚えていきます。また、トレーニングを続けることによって、トイレの場所を覚えさせたり、散歩のときに飼い主の歩調に合わせて歩かせることもできるのです。ところが、しつけができていないと、おしっこトレーニングが上手くいかない為、色んな所でおしっこをしてしまったり、散歩すると他人に攻撃的になったりする犬もいます。

 

お手や、お座りの方法を飼い主が教えたいと思っていても、その方法が分からないという人もいるのです。犬のケースですと、もし人にかみつくようなことがあれば、保健所で殺処分しなければならなくなるケースもあります。そのような可哀想なことにならないためにも、犬のしつけはとても重要です。

 

そのためにも、ドッグトレーニングアドバイザーの資格が必要なのです。ドッグトレーニングアドバイザーの資格は、犬にしつけをする時の正しい訓練方法を身に付けるための内容になっています。また、資格を取得した後は、自分自身でそれを実践できますし、犬のトレーニングを第三者に指導することも可能になるので、アルバイトにも役立つことでしょう。

 

犬はとても賢い動物なのですが、聞き分けの良いペットになるか、飼い主を困惑させるトラブルメーカーになるかは、しつけに全てがかかっています。しつけをすることによって犬は、人間の指示に的確に従うようになります。

要点を紹介するキャラクター

 

犬の仕事に関わる人気資格ランキング

犬の仕事に関わる人気資格ランキングを見てみましょう。

 

画像名を入力

ドッグトレーニングアドバイザーの特徴

第一位は、日本生活環境支援協会(JLESA)主催の「ドッグトレーニングアドバイザー」の資格です。「ドッグトレーニングアドバイザー」は、家庭の犬のしつけについて基礎的な知識やトレーニング手順の知識を有していることを認定する資格になります。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
ドッグトレーニングアドバイザーの総評
  • 家庭の犬のしつけについて基礎的な知識
  • トレーニング手順の知識
  • この資格を取得するのにオススメなのが「諒設計アーキテクトラーニング」の「ドッグトレーニングアドバイザーW資格取得講座」です。
公式サイトへ

 

画像名を入力

犬のしつけインストラクターの特徴

第二位は、日本インストラクター協会(JIA)主催の「犬のしつけインストラクター」の資格です。犬のしつけインストラクターとして犬種によるしつけの違いや、首輪・ハーネス・知育玩具等の道具を用いたしつけの方法、犬の性格別によるしつけの方法、食糞・知育玩具など道具を用いたしつけの方法、食糞・飛びつき癖・咥えたものを離れさせる・立ち入り禁止エリアの教え方・掃除機等の音を出すものへの無駄吠えの対策といった知識を有していることが証明されるのです。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
犬のしつけインストラクターの総評
  • 犬種によるしつけの違いや、首輪・ハーネス・知育玩具等の道具を用いたしつけの方法、犬の性格別によるしつけの方法
  • 除機等の音を出すものへの無駄吠えの対策といった知識
  • この資格を取得するのにオススメなのが、女性専用の資格取得講座SARAスクールの「ドッグトレーニング基本コース/プラチナコース」です。
公式サイトへ
第一位:ドッグトレーニングアドバイザー

第一位は、日本生活環境支援協会(JLESA)主催の「ドッグトレーニングアドバイザー」(https://www.nihonsupport.org/shiken/dogtraining/)の資格です。

 

「ドッグトレーニングアドバイザー」は、家庭の犬のしつけについて基礎的な知識やトレーニング手順の知識を有していることを認定する資格になります。

 

この資格を取得するのにオススメなのが「諒設計アーキテクトラーニング」の「ドッグトレーニングアドバイザーW資格取得講座」です。

 

このコースでは、子犬のトレーニングから道具を使ったトレーニング、犬種別のトレーニングや、色々な日常生活でのしつけ方法、多頭飼育のトレーニング方法などドッグトレーニングのプロに必要とされる知識を一通り学習することができます。

 

また、日本生活環境支援協会(JLESA)主催の「ドッグトレーニングアドバイザー」の資格だけでなく、日本インストラクター協会(JIA)主催の「犬のしつけインストラクター」の資格2つを取得することができます。

 

第二位:犬のしつけインストラクター

第二位は、日本インストラクター協会(JIA)主催の「犬のしつけインストラクター」(https://www.jpinstructor.org/shikaku/dog/)の資格です。

 

犬のしつけインストラクターとして犬種によるしつけの違いや、首輪・ハーネス・知育玩具等の道具を用いたしつけの方法、犬の性格別によるしつけの方法、食糞・知育玩具など道具を用いたしつけの方法、食糞・飛びつき癖・咥えたものを離れさせる・立ち入り禁止エリアの教え方・掃除機等の音を出すものへの無駄吠えの対策といった知識を有していることが証明されるのです。また、多頭飼いでの飼育方法や成犬・老犬の管理という実践的なスキルも証明されます。

 

資格を取得した後は、犬のしつけインストラクターとして活躍できますし、自宅やカルチャースクール等で講師活動ができるのです。

 

この資格を取得するのにオススメなのが、資格取得講座SARAスクールの「ドッグトレーニング基本コース/プラチナコース」です。

 

ドッグトレーニングプラチナコースならば、卒業課題を提出する事により資格試験が免除になり、卒業と同時に日本生活環境支援協会(JLESA)主催の「ドッグトレーニングアドバイザー」の資格だけでなく、日本インストラクター協会(JIA)主催の「犬のしつけインストラクター」の2資格が認定されるのです。

 

時給アップに最適なのは「ドッグトレーナー資格」

時給アップに最適なのは「ドッグトレーニングアドバイザー」の資格
ドッグトレーニングアドバイザーとして活躍できる
通信講座でお勧めなのが、「諒設計アーキテクトラーニング」の「ドッグトレーニングアドバイザーW資格取得講座」

時給アップに最適なのは、日本生活環境支援協会(JLESA)主催の「ドッグトレーニングアドバイザー」の資格になります。

 

「ドッグトレーニングアドバイザー」を取得するならば、例えば、アイコンタクト・ハンドサイン・おすわり・待て・伏せ・おいで・甘噛み・来客やチャイムの対応・トイレ・散歩などのトレーニングに関するスキルを有していることが証明されるのです。

 

また、アイコンタクトの場合、おやつでトレーニングして、次は名前を呼んで合図といったトレーニングの訓練手順を確実に身に付けていることが証明され、資格を取得した後は、ドッグトレーニングアドバイザーとして活躍できるのです。

 

また、自宅やカルチャースクール等で講師活動ができるのです。ペットショップや犬関連の企業などで働くこともできますし、現在すでに犬関連の仕事をしている人であれば、スキルアップの資格としても役立ちますので、時給アップに最適です。

 

ドッグトレーニングアドバイザーの受験申し込み方法は、インターネットから必要事項をフォームに入力して完了になります。後日自宅に受験票や問題用紙が届くのでその時に受験料10,000円(税込み)を代引きで支払うことになります。

 

その後は、定められた試験期間内に受験を行って、解答用紙を協会に送付すると受験終了になり、合格判定を待つだけになるのです。また、受験は在宅でできるので、交通費もかかりませんし、自分の空いた時間を使って資格取得することができるのです。

 

ドッグトレーニングアドバイザーの検定資格を取得するのに、自宅で無理なく勉強できる通信講座が人気です。通信講座でお勧めなのが、「諒設計アーキテクトラーニング」の「ドッグトレーニングアドバイザーW資格取得講座」です。「諒設計アーキテクトラーニング」の学習カリキュラムは受講生一人一人が自分のペースで安心して学習することができるスタイルを採用しています。

 

初心者でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているので、だれでも安心して受講できる内容になっています。すぐにでも資格取得を目指したい人は最短2ヶ月で、日々空いた時間で少しずつゆっくり学習したい人は、通常6ヶ月でW資格取得が目指せる内容になっているので安心です。

 

さらに、「ドッグトレーニングアドバイザーW資格取得スペシャル講座」ならば、この講座を卒業すると、試験を受けなくても「ドッグトレーニングアドバイザー」と「犬のしつけインストラクター」の2つの資格を取得できるのです。

 

ドッグトレーニングアドバイザー資格講座

 

まとめ

近年、ペットブームになり、可愛い犬がペットショップなどで手軽に自宅で飼うことができるようになりました。

 

犬はとても賢い動物なのですが、聞き分けの良いペットになるか、飼い主を困惑させるトラブルメーカーになるかは、しつけに全てがかかっています。しつけをすることによって犬は、人間の指示に的確に従うようになります。

 

そのような基本的なしつけの方法から犬種別のトレーニングまで学べる講座があります。学びながら家でも実践できるのです。

 

日本生活環境支援協会(JLESA)主催の「ドッグトレーニングアドバイザー」の資格を取得するならば、イコンタクト・ハンドサイン・おすわり・待て・伏せ・おいで・甘噛み・来客やチャイムの対応・トイレ・散歩などのトレーニングに関するスキルを有していることが証明されるのです。

 

資格を取得した後は、ドッグトレーニングアドバイザーとして活躍できるのです。また、自宅やカルチャースクール等で講師活動ができるだけでなく、ペットショップや犬関連の企業などで働くこともできますし、現在すでに犬関連の仕事をしている人であれば、スキルアップの資格としても役立ちますので、時給アップに最適です。

 

日本インストラクター協会(JIA)主催の「犬のしつけインストラクター」は、犬種によるしつけの違いや、首輪・ハーネス・知育玩具等の道具を用いたしつけの方法、犬の性格別によるしつけの方法、食糞・知育玩具など道具を用いたしつけの方法、食糞・飛びつき癖・咥えたものを離れさせる・立ち入り禁止エリアの教え方・掃除機等の音を出すものへの無駄吠えの対策といった知識を有していることが証明されるのです。

 

資格を取得した後は、犬のしつけインストラクターとして活躍できますし、自宅やカルチャースクール等で講師活動ができます。

 

動物や犬が好きな人、ペットショップで働いている人、家で犬を飼っている人は、ぜひこの機会に資格を取得してみるのはいかがでしょうか?

更新履歴