トリマーとは

ペットトリマーとは、犬の美容師です。犬の毛を刈り整えたり、染めたり、耳掃除をしたり、爪を切ってあげたりする仕事です。トリミングのおかげでペットの見た目を美しくし、清潔に保つことができます。

 

また、耳掃除や爪切りなどにより、病気や怪我を予防することができます。犬と長い時間至近距離で作業をしますので、犬の病気や異変にいち早く気づいてあげられることもあり、時にはペットの命を救う結果にもつながることがある、やりがいのある仕事です。

 

なるには

ペットトリマーとして働くために絶対に必要な国家資格はありません。誰でもトリマーとして名乗ることができます。しかし、どこかの店舗で働くのにも、自分で顧客を獲得するのにも、自分の技術と知識を証明する資格を取得しておくことが現実的でしょう。信頼できる民間団体の認定資格がありますので、そのどれかを取得することを目指すのが良いでしょう。実際、犬の種類により毛質や性質が異なるので、それに合わせた方法でカットを変えなければなりません。また、カット中に犬が嫌がって抵抗したり、時には暴れ出したり、噛みつかれたりすることもあるでしょう。

 

自分も犬も双方ケガせずに、リラックスした雰囲気でトリミングを行うためには、緊張させたり恐怖心を感じさせたりしない接し方を学ぶ必要がありますし、万が一の時にも犬の安全を守る方法を知っておくことが求められます。そのようなことを学ぶためにも、多くの方が専門学校で教育を受けたり、他のスクールや通信講座などで学び、資格を取得したりしています。

 

資格の取得方法

専門学校でのカリキュラムを終え卒業すると、資格を取得しているのと同じ扱いで、トリマーとして働かせてくれる店舗もあるようです。しかし、現在すでに別の職業に就いていたり、主婦として毎日家事を行う必要があったり、ペットショップでアルバイトをしながらキャリアアップと時給アップを目指していたりする方も多いでしょう。

 

そのような方には通信講座を受講するのが現実的でしょう。自分の目指しているスタイルによってどのレベルの資格を取得するのが良いかは変わってきますが、通信講座でも実技スクーリングや視覚教材を豊富に使用しているものもありますので、調査検討なさることをおすすめ致します。

 

まとめ

トリマーという職業は、犬の毛を刈り整えることだけにとどまらず、犬の健康にも大きく影響を与える職業です。国家資格は存在しませんが、信頼できる民間資格を取得しておくことは就職にも顧客獲得にも役立ちます。

 

自分のライフスタイルをよく吟味し、自分にあった講座やスクールでトリマー資格取得を目指しましょう。

関連ページ

ドッグトレーニングとは
ドッグトレーニングとは、専門的な知識を有し訓練を受けたプロフェッショナルのドッグトレーナーが行う、飼い犬へのしつけと訓練のことです。 ペットの人気向上に伴いドッグトレーナーが多くの人に必要とされています。
ドッグトレーニング資格を取るには
ドッグトレーナーとしての資格にもたくさんの種類があります。資格取得を検討する前に、まず自分の目指す場所がどこなのかを見極めましょう。それによって目指すべき資格の種類も変化することでしょう。その後、自分のライフスタイルにあった現実的な手段を検討する事が求められます。
ドッグトレーナーになるには
ドッグトレーナーになるには、自分の適正をよく考慮し、資格を取得することが必要です。資格を取得する方法は数多くあるので、自分のライフスタイルと目的にあった方法を選ぶと良いでしょう。
ドッグトレーニングの需要とニーズ
ドッグトレーナーのニーズは高まっています。一般社団法人ペットフード協会が2017年1月17日に発表した平成28年度の全国犬猫飼育実態調査の結果によると、現在飼育されている犬の頭数は987万8千頭となっており、飼育世帯率は14.16%となっております。