ドッグトレーナーに向いている人

ドッグトレーナーになるには、人格的適正が大切です。ドッグトレーナーとして一流になり、多くの飼い主や犬の手助けをするためには長く続けて経験を積み続ける必要があるからです。ドッグトレーナーとして働くのに向いている人に見られる特徴は、犬が好きであることに加え、常に勉強し続けられる熱意があること、飼い主とも犬とも上手にコミュニケーションを図れることです。この仕事は犬と向き合い、気持ちを読み取ってあげることが求められますので、犬が好きでないと続けられません。

 

ドッグトレーナーとして働くのに役立つ知識につながる研究は世界の至るところで進められていて、犬にとってのより良い指導方法は移り変わっていくことが予想されます。また、ドッグトレーナーとしての経験を積み重ねていくと新たな発見をし、それを次回に活かすという繰り返しになっていくでしょう。日々進歩していく努力が求められます。また、ドッグトレーナーとはいえ、飼い主と上手にコミュニケーションを取れなければ問題の原因を突き止められないことがありますし、飼い主にもトレーニングを施して家庭内で上手にしつけていく技術を分け与えることも業務に含まれます。人間とも上手にコミュニケーションを取る技術は特に大切です。

 

資格は必要?

ドッグトレーナーとして働くために厳密には資格は必要ありません。ドッグトレーナーの国家資格は存在せず、いくつかの社団法人や協会が認定している資格があるのみです。ドッグトレーナーを名乗ったその日からあなたはドッグトレーナーになることができます。

 

しかし、自分で顧客を探す場合にもどこかの店舗で働く場合にも知識と技術を持っていることを証明することが求められるでしょう。信頼のある協会や法人での認定資格を取得しておけば、その目的に資するものとなるでしょ。

 

資格を取得するには

特定の専門学校やスクールに通って資格を取得する方法と、通信講座で資格を取得する2つの方法があります。最短3ヶ月から1年ほどで資格を取得できます。現在ペットショップでアルバイトをしている人の中にも、通信講座やスクーリングで資格を取得した人たちがいるようです。

 

資格を所持していると、ペットショップでしつけ教室を開けたり、相談に実際的な仕方で答えられたり、アルバイトの時給が上がったりするなど、メリットがたくさんあります。資格にもランクがあり、通信講座よりもスクールに通って直接受講する方がランクの高い資格を取得できます。スクーリングの中にも、インターネットで受講できるものもありますので、自分のライフスタイルと目的に合わせて考慮する必要があるでしょう。

 

まとめ

ドッグトレーナーになるには、自分の適正をよく考慮し、資格を取得することが必要です。

 

資格を取得する方法は数多くあるので、自分のライフスタイルと目的にあった方法を選ぶと良いでしょう。

関連ページ

ドッグトレーニングとは
ドッグトレーニングとは、専門的な知識を有し訓練を受けたプロフェッショナルのドッグトレーナーが行う、飼い犬へのしつけと訓練のことです。 ペットの人気向上に伴いドッグトレーナーが多くの人に必要とされています。
ドッグトレーニング資格を取るには
ドッグトレーナーとしての資格にもたくさんの種類があります。資格取得を検討する前に、まず自分の目指す場所がどこなのかを見極めましょう。それによって目指すべき資格の種類も変化することでしょう。その後、自分のライフスタイルにあった現実的な手段を検討する事が求められます。
ペットトリマーになるには
トリマーという職業は、犬の毛を刈り整えることだけにとどまらず、犬の健康にも大きく影響を与える職業です。国家資格は存在しませんが、信頼できる民間資格を取得しておくことは就職にも顧客獲得にも役立ちます。自分のライフスタイルをよく吟味し、自分にあった講座やスクールでトリマー資格取得を目指しましょう。
ドッグトレーニングの需要とニーズ
ドッグトレーナーのニーズは高まっています。一般社団法人ペットフード協会が2017年1月17日に発表した平成28年度の全国犬猫飼育実態調査の結果によると、現在飼育されている犬の頭数は987万8千頭となっており、飼育世帯率は14.16%となっております。