資格の選び方

ドッグトレーニング資格を取るには

ドッグトレーナーとして働くために、国家資格は存在しません。信頼できる団体が認定している民間資格を取得することで、ドッグトレーナーとして他の人から認められる存在になることができます。しかし、資格にも様々なランクがあり、それにより難易度も変化します。まずは自分の目的に合った資格がどれなのかを考慮する必要があります。例えば、主婦として、もしくは仕事をしながら、自分の家庭の犬をトレーニングしたり、友人のドッグトレーニングの手伝いをしたいという目的であれば、過度に高ランクな資格を目指す必要はありません。

 

また、ペットショップでアルバイトをしながらも、時給アップを目指して資格取得を目指す方もいるでしょう。そのような方は、より多くの犬種について効果的なトレーニング方法を学ぶことができ、他の人にアドバイスすることができる少しランクの高い資格を選ぶ必要があるでしょう。しかし、自分で店舗を構えることを目標にしていたり、海外でも通じるような技術を身に付けたいと思うのであれば、さらに高ランクな資格やそれに付随する他の資格の取得を目指す必要があるでしょう。まずは、目標を選定し、必要な資格を調査することが肝心です。

 

スクールに通う

資格を取得するための方法のひとつは、スクールに通うことです。時間と予算に余裕のある方は、専門学校に入学することも出来るでしょう。すでに職業を持っている方や主婦の方であれば、カリキュラムを自分の予定で組める、民間のスクールに通う事が現実的でしょう。

 

スクールの中には、インターネットでの受講が可能なものもあります。時折実技講習のためにスクールに直接出向く以外は自宅で講義を受ける事ができるカリキュラムもあるようです。より高ランクで信頼感の高い資格を取得するのであれば、スクーリングがよいかもしれません。

 

通信講座を受講する

忙しい生活を送っている方や、予算をそれほど多くは取り分けられないという方には、通信講座の受講が良いでしょう。通信講座でも、必要な知識と資格を身につけることができます。

 

もちろん、専門学校やスクーリングほどの多くのことを学ぶことは難しいかもしれませんが、視覚教材も豊富にあり、数日の実技スクーリングも含まれるものもありますので、目的次第では通信講座でも十分目標達成に資するものとなるでしょう。

 

まとめ

ドッグトレーナーとしての資格にもたくさんの種類があります。資格取得を検討する前に、まず自分の目指す場所がどこなのかを見極めましょう。それによって目指すべき資格の種類も変化することでしょう。

 

その後、自分のライフスタイルにあった現実的な手段を検討する事が求められます。最近では通信講座でも視覚教材や実技スクーリングがカリキュラムに含まれるものもありますので、よく調査し検討する事で目標を達成するために必要なものを見つける事が出来るでしょう。

関連ページ

ドッグトレーニングとは
ドッグトレーニングとは、専門的な知識を有し訓練を受けたプロフェッショナルのドッグトレーナーが行う、飼い犬へのしつけと訓練のことです。 ペットの人気向上に伴いドッグトレーナーが多くの人に必要とされています。
ドッグトレーナーになるには
ドッグトレーナーになるには、自分の適正をよく考慮し、資格を取得することが必要です。資格を取得する方法は数多くあるので、自分のライフスタイルと目的にあった方法を選ぶと良いでしょう。
ペットトリマーになるには
トリマーという職業は、犬の毛を刈り整えることだけにとどまらず、犬の健康にも大きく影響を与える職業です。国家資格は存在しませんが、信頼できる民間資格を取得しておくことは就職にも顧客獲得にも役立ちます。自分のライフスタイルをよく吟味し、自分にあった講座やスクールでトリマー資格取得を目指しましょう。
ドッグトレーニングの需要とニーズ
ドッグトレーナーのニーズは高まっています。一般社団法人ペットフード協会が2017年1月17日に発表した平成28年度の全国犬猫飼育実態調査の結果によると、現在飼育されている犬の頭数は987万8千頭となっており、飼育世帯率は14.16%となっております。