コラム一覧記事一覧

信頼関係を築ける犬のしつけ街中や公園で、飼い主さんと愛犬がぴったりと寄り添って行儀よく歩いているのを見ると微笑ましく感じられるものですね。そのような関係性は飼い主と犬とがお互いに強く信頼し合っていることが基盤になっています。いったいどのようにしたら、強い信頼関係を築ける犬のしつけができるようになるのでしょうか。まず犬のしつけの根本となっている二つの学術的理論を理解する必要があります。古典的条件付け...

3.犬種に合わせたしつけの方法ひとくちに犬を飼う。と言っても最近ではたくさんの種類の犬がいますね。子供の身長ほどもある犬もいれば、手のひらで抱えられるサイズの犬もいます。暖かいところで生まれた犬種もいれば、寒いところで生まれたものもいますね。特に大事な点として、ペットとして飼うために造られた愛玩犬なのか、動物を捕らえるために造られた狩猟犬なのかによって性格や育て方に大きな違いが出てきます。国籍や気...

4.大型犬のトレーニングとコツ大きな体で、動きがゆったりしている。頑丈な体つきで、頼りになる。など、大型犬に心惹かれる方も多くいるのではないでしょうか。ペットショップで大型犬の仔犬を見て、一眼惚れした。という方もいらっしゃるようです。しかし、体が大きいぶん、しつけに失敗したら人を怪我させてしまうリスクも大きくなります。大型犬と暮らすためにはどんな準備が必要でしょうか?大型犬をどのようにトレーニング...

5.小型犬のトレーニングとコツ小型犬には、愛玩犬が多く、その愛らしい姿やクリクリとした瞳、フワフワした毛質などに心を奪われる方も多くいることでしょう。ペット入門編としてまず考える方も多くいるようですね。ペットショップでも高い人気を占めていて、小型犬専用の洋服コーナーも充実しています。小型犬と暮らすためにはどんな準備が必要でしょうか?小型犬をどのようにトレーニングしたらよいのでしょうか?トレーニング...

6.小型犬の世話の仕方と健康管理小型犬をペットショップで見て、今すぐ家に連れて帰りたい!と感じた方も少なくないことでしょう。でも、冷静に考えると世話はどうやったらいいんだろう?何年一緒に居られる?病気になったらどうしよう?と不安になってしまいますよね。小型犬の世話に必要なこと、健康管理に欠かせないことについて取り上げます。小型犬の基礎知識そもそも小型犬とは他の犬種とどのように違うのでしょうか?小型...

7.大型犬の健康管理と運動対策大型犬が家にいると、その存在感と安心感で、いつも癒しと支えになってくれます。いつの日か家族の一員になって、かけがえのない存在になっていくので、その分、突然調子が悪くなってしまうととても不安になってしまいますよね。大切な愛犬を病気から守るためにどんな健康管理ができるでしょうか?運動対策に日頃から何を心がければよいでしょうか?大型犬の基礎知識大型犬とは、体重が25から30...

8.ペットショップで時給アップを目指せる資格動物たちが大好きで、ペットショップで働きたいと思ったことのある方も少なくないはずです。しかし、ペットショップでのアルバイトは扱う動物の種類が豊富であることや、時おり専門的な知識が必要とされるので、関連する資格を取得して役立てたいと考えるようになる方も多いようです。実際、多くのペットショップのアルバイト時給は800円から900円程度であることを考えると、資...

9.獣医になりたい人にもおすすめの資格ペットショップのアルバイトの経験が長くなると、否が応でも病気に苦しむ動物たちを目にする機会が多くなります。ペットショップで働いている人でなくても、昨日まで元気だった動物たちが病気に苦しみ、日に日に弱っていく姿を見るのは本当に辛いことですね。愛するペットの病気や死に直面した人たちにとって、動物たちを病気から救える獣医さんは憧れの存在ですね。今、獣医さんを目指して...

10.ドッグトレーニングの資格を学ぶのに必要な時間と費用ドッグトレーナーになるためにはスクールに通うか通信講座を受講する必要があります。主だった2種類の民間資格について、どのような方法で取得できるのかまとめます。通信講座を受講する忙しい生活を送っている方や、予算をそれほど多くは取り分けられないという方には、通信講座の受講が良いでしょう。通信講座でも、必要な知識と資格を身につけることができます。もち...

ペットショップのアルバイトとは「動物好き」の人にとって動物と触れ合える仕事は憧れですよね。その中でもペットショップのアルバイトは、人気が高く、一番身近な職業です。そんなペットショップのアルバイトが実際はどんな仕事なのか紹介します。ペットショップの業務内容ペットショップの業務内容としては、ペットを販売する「生体販売」、ペットの健康管理と美しさを保つ「生体管理」、ペットのえさやおやつや服、ケージやハー...

慣れるためには犬が人に慣れていないと様々な悪影響が及びます。人に慣れさせるために何が大切なポイントかを知っておくことは、ドッグトレーニングをする面でも、ペットショップでアルバイトをしている人にとっても肝要なことです。人に慣れていないと起きる問題犬が人に慣れていないと、神経質で臆病になったり、散歩を嫌がったり、留守番ができなくなったり、ストレスを溜め込みやすくなり問題行動を起こしやすくなったりします...

子犬の順応性子犬の頃からトレーニングする方が優れているのは、情報を吸収し、学習する能力が優れているからです。子犬の社会化期と言われる生後12週間から14週間までの間に脳が発達していきます。その時期に受けた刺激は、人間に慣れ温厚な性質になるために大きな影響を及ぼします。その後、2歳になるまでに刺激を与え続けることで人間にも、その家のルールにも周りの物音や他の犬にも順応し、拒否反応を示さず温厚な性質で...

体を叩く犬が問題行動を起こしたときにそれをやめさせようと体を叩くという行為は、犬に恐怖心を植え付けるのでやめましょう。時折、メディアなどで犬を叩いてしつけるドッグトレー二ングの仕方を紹介していることもありますが、家庭でのトレーニングにおいて叩くことはおすすめしません。叩くトレーニング方法が間違っている訳ではありませんが、ドッグトレーナーは長い経験に裏打ちされた知識ゆえに、叩くべきタイミングと体の部...

健康に良いえさ犬の毎日の健康管理において、どんな食べ物を口にするかというのはとても大切な点です。犬の身体のしくみは人間とは違うので、食事を選ぶ基準にも違いが出てきます。基本的にはドッグフードで十分ですが、栄養素やカロリー、化学物質が添加されているかなどを考えて選びましょう。与えて良い野菜は、サツマイモ、キャベツ、きゅうり、レタス、ブロッコリー、ジャガイモ、白菜、もやしなどです。食物繊維が豊富なもの...

飼い主へのトレーニングの必要性飼い主へのトレーニングはとても重要です。ドッグトレーニングでトレーナーの言うことを聞くようになっても、通常の生活で共に過ごすのは飼い主だからです。また、飼い主からすると可愛らしい普通の行動に思えるようなことでも、実は絶対にしてはならない行動で、すぐに改善する必要がある事だったということもあります。そこまで厳しくトレーニングしなくても、犬が普通の暮らしをして幸せそうなら...

愛犬をトレーニングするメリット自分のとても大切にしているものは、仲の良い友達にも気に入ってもらえるよう願うものです。同じように大切な愛犬がみんなに愛される存在になってくれることほど嬉しいことはありません。また散歩の途中にあなたの愛犬に向かって「あの子かわいい!」という声が聞こえてくる、ということも愛犬家の目標になり得るのではないでしょうか。愛犬をトレーニングして、行儀が良く愛想のいい子に育てること...

ペットショップの経営者になるにはペットショップでのアルバイト経験が長くなると、いずれ自分の店舗を構えることを夢見るようになるかもしれません。ペットショップを自分で経営するようになると、その分の責任と手間に付随して収入の増加も見込めます。また、取り扱う動物や、店舗のコンセプトを自由に決めることができるようになります。そのようなペットショップの経営者になるためには、まず「動物取扱責任者」になる必要があ...

トイレトレーニングの必要性最近では室内犬が多くなってきましたので、家に来たその日からトイレトレーニングを行う必要があるでしょう。ペットショップで長い期間を過ごしていた犬を飼う場合にはその犬特有のトイレの癖が付いてしまっているかもしれませんので、注意が必要です。例えば、ペットショップでは狭い空間で過ごしますが、その個室内全体がトイレシートになっており、食事をする場所もトイレをする場所も決まっていない...

飼い主との信頼関係が大切犬との安心できる生活には強い信頼関係を構築することが必要です。なぜなら、信頼がなければ指示に従わず、ストレスが溜まって問題行動につながってしまうからです。人間でも、会社の上司から目的のわからない指示を出されたとき、信頼関係の強く築けている上司からの指示なら喜んで従えますが、信頼関係や敬意のない上司からの指示だと従わず反抗したり、従ってもストレスが溜まったりすることでしょう。...

トリミングする理由トリミングとは、厳密には犬の毛をハサミなどで刈り整えることだけを意味しますが、日本のペットショップなどでトリミングを依頼するとシャンプーやブラッシング、爪切りや耳掃除なども付随して行ってくれます。それで、トリミングはペットの健康管理に欠かせません。犬の毛をそのままにしておくと細菌が繁殖して皮膚の病気になるリスクがありますし、臭いの原因にもなります。足裏の毛を短くカットしておかない...

膝の病気小型犬に多く見られる病気のひとつに膝蓋骨脱臼があります。軽度なものも含めると非常に多くの小型犬が患っている病気です。膝蓋骨は医学用語でパテラと呼ばれるので、膝蓋骨脱臼はパテラとも呼ばれています。太ももの骨の溝に膝蓋骨がはまって、膝の曲げ伸ばしとともに上下に動くのですが、生まれつき太ももの骨の溝が浅い場合や骨を支える靱帯が弱い場合に膝蓋骨が外れやすくなり、衝撃などで外れてしまいます。この状態...

環境を整える大型犬を飼う前に環境を整えましょう。大型犬は室外で飼うイメージかありますが、犬種によって温度変化にとても弱い犬もいます。家の中で飼うことができれば安心です。まずは自分の家で大型犬を受け入れられるか考慮しましょう。大型犬は食費も治療費も体が大きい分小型犬より高くかかることを覚悟しましょう。また、老後の介護や病院への行き来のために担ぎ上げたり、ケージ等に入れて運ぶ必要があるかもしれません。...

気持ちと心の状態トレーニングをするには、新たな情報を学習できるよう、気持ちと心の状態を整える必要があります。人間でも同じですが、気持ちが優れない時に指導されても学習効率は上がりせん。むしろストレスが溜まった状態で犬のやりたくないことや行きたくない場所へ誘導されると、攻撃的な反応を見せることもあります。その日の気分や集中力、ストレスの溜まり具合に合わせてトレーニングの内容や長さを変化させることが必要...

ストレスが及ぼす影響ストレスが溜まると、温厚だった犬が落ち着きなく動き回ったり、攻撃的になるようです。今まで行わなかった問題行動を起こすようになったり、人間や物に危害を加えてしまうこともあります。また、ストレスは感情面だけでなく身体面にも影響を及ぼします。下痢や嘔吐、食欲の変化などがあり、ペットの健康にも悪影響となります。ストレスサインストレスを感じている徴候は、犬の行動に表れます。犬の体が震えた...

声かけの効果犬は200以上の単語を覚えることができると言われています。日頃から声をかけてあげると、飼い主の声だけでなく、言葉と行動を結びつけて覚えることができます。飼い主の動作と言葉の組み合わせで、次に何をしようとしているのかがわかるようになるので、飼い主の意図に応じた賢い行動を取ることができるようになるのです。具体的にはエサ置き場に向かうときに犬に「ごはん」と言ってからエサを補充することや、ボー...